高い治療費を避ける

歯科での診療報酬に関して

診療報酬の点数改正と保険制度

歯科診療報酬は概ね2年に一度改正されます。なお、このとき、歯科のみではなく医科も変わることが一般的です。また、毎回ではありませんが時々介護保険における介護報酬の改正と同時に医療関係の点数も変更される場合があり得ます。医歯薬の3つはほぼ同時に変更がなされ、まれに介護保険もセットで変更になる場合があるというわけですが、通常は医歯薬が変われば次の年が介護が変更になるという流れで動きます。同時に変更になる場合というのは、介護報酬が大規模に変更になる場合で、5年ごとのタイミングのときが該当になるケースが多い状況です。

保険点数の改正などについて

歯科の保険点数は、毎年のように改正が繰り返されています。治療に使うための貴金属の価格の変化が主な理由になっていて、貴金属の価値の動向に敏感になっています。歯科の保険点数は、今後も改正が繰り返されることが見込まれていて、貴金属の価格が長期的に見ると高くなる可能性が高いため、なるべく早く治療を完了することで、安い費用で治療をできる可能性が高いです。特に貴金属を多量に使うような治療は高くなる可能性が高く、良い金属によって治療を行いたいと考えている人の場合は、早期の治療を医師にすることが大切になっています。

↑PAGE TOP

Copyright © 歯科での診療報酬に関して. All rights reserved.